沿革

1961年(昭和36年) 4月 集中潤滑装置の販売を目的として会社発足。
グリース用集中潤滑装置のメーカーである芝浦共同工業(株)(現(株)IHI)および西ドイツ(現ドイツ)の集中潤滑装置メーカーであるWILLY VOGEL社の製品販売権を取得し、業務を開始。
1962年(昭和37年)10月 装置の据付、配管、アフターサービスを目的とした工事・サービス部を併設。
1967年(昭和42年)12月 潤滑装置、および機器類の自社製造に着手するとともに、それら機器類を「OMEGA」と名付け、販売を開始。これにより設計、製造、販売、施工の一貫業務を行う。
1972年(昭和47年)11月 (株)日立製作所、および日立エレベータサービス(株)(現(株)日立ビルシステム)と共同研究により、エスカレーター用チェーン自動給油装置を開発、3社の共有名義で特許を日本、アメリカ、カナダ、ドイツ、イギリス、香港の6カ国に出願。
更に、本装置を「糸潤滑 チェーン自動給油装置」と呼称し商標登録。一般産業機械向けの「糸潤滑 チェーン自動給油装置」の設計、製造、販売を開始。
1974年(昭和49年) 2月 凸版印刷(株)板橋工場の要請により、湿し水装置用IPA(イソ・プロピル・アルコール)の一元供給装置を開発、完成。
1974年(昭和49年) 2月 大阪市西区内に大阪営業所を開設。
1975年(昭和50年) 6月 新日本製鐵(株)と共同で、君津製鉄所線材工場内の「P&F」チェーンコンベアをモデルに製鉄所向けの大型チェーン自動給油装置を開発。「移動体のためのタイミング間欠自動給油装置」と呼称、新日本製鐵(株)と共有特許の出願。
1977年(昭和52年)11月 鋼板の大型深絞りプレス機におけるシート材に、潤滑剤を塗布するための「深絞りプレス用自動塗油装置」を開発。自動車産業界をはじめ、関係業界に納入。
1980年(昭和55年)10月 旧社屋を取壊し、鉄筋5階建の新社屋を完成。
1981年(昭和56年) 9月 動力を用いず、落差を利用してオイルをブラシに導き、ブラシを介してチェーンの給油を行う「ブラシ・ルーバー」を開発、販売を開始。
1985年(昭和60年) 1月 東芝昇降機サービス(株)(現東芝エレベータ(株))と共同によるエスカレーターのチェーン自動給油装置用特殊制御装置を開発、共有特許の出願。
1985年(昭和60年)10月 埼玉県川口市内に川口工場の建設。製造、資材、技術部門を川口工場に移転。
1987年(昭和62年) 4月 社団法人 日本エレベータ協会(現一般社団法人 日本エレベーター協会) の賛助会員として入会。
1992年(平成4年)11月 資本金を2,000万円に増資。
1993年(平成5年) 6月 名古屋市熱田区内に名古屋営業所を開設。
1994年(平成6年) 5月 三菱電機ビルテクノサービス(株)と共同で、湿度センサーを用いてエスカレーター内の高湿度を検知し、自動給油を行って潤滑と、防錆の目的をはたす「自動給油装置用制御装置」を開発、特許の出願。
1997年(平成9年)12月 自動車、家電、精密機器類などの搬送用コンベアチェーンの自動給油装置「無接触式超微量“タイミングルーバー”」を開発、特許の出願とともに販売 を開始。
1999年(平成11年) 7月 エレベーター用ガイドレール給油器を(株)日立ビルシステムと共同開発、特許を日本、アメリカ、ヨーロッパ連合国(EU)、韓国の4カ国に出願。
2000年(平成12年) 5月 大阪営業所を大阪市西区江戸堀に移転。
2001年(平成13年) 5月 資本金を3,000万円に増資。
2004年(平成16年)10月 グリース用潤滑装置のトップメーカー(株)IHI回転機械と製品販売に関する特約店契約の締結により、オイル用とグリース用の総合的潤滑装置の取扱いが実現。
2007年(平成19年) 1月 各種自動給油装置類の取付け環境での信頼度高揚のため、川口工場内に恒温槽設備を設置し、試験を開始。
2008年(平成20年) 5月 大阪営業所を現在地の大阪市淀川区宮原に移転。
2009年(平成21年) 6月 川口工場内に圧縮式管継手用フレキシブルホースの製造設備一式を導入し、内製化を実現。
2010年(平成22年) 4月 社団法人 日本産業機械工業会(現一般社団法人 日本産業機械工業会)の賛助会員として入会。
2012年(平成24年) 3月 製パン用オーブンなどのチェーン潤滑として使用する固体潤滑剤が添加・分散されている油用の攪拌機付、「給油装置」を開発、特許を出願。
2013年(平成25年) 4月 営業体制のスリム化による顧客対応のスピードアップのため、東日本営業部(東京営業所)と西日本営業部(大阪営業所)に二分化し、名古屋営業所を大阪営業所に統合。